私の頭はしっとりサラサラ

めんどくさい娘

シャンプー前のブラッシング

タイトルが全てを物語っていますが。
そうです。
シャンプー前にはブラッシングを行いましょう。
これはどのサイトにも書いてありました。
頭をお湯で濡らす前にブラッシングすることで、汚れを浮き上がらせることが出来ます。
この一つの行動で、頭の汚れの落としやすさや、洗いやすさが変わってきます。
以前、何かの雑誌でブラッシングを行うとよい。と読んだことがあったので、ブラッシングはしていたのですが、頭をお湯で濡らした後に行っていました。
お湯で濡らす前にしないといけないんですね。
きっと雑誌にもちゃんと書いてあったはずなのに肝心な所が頭の中から抜け落ちていました。
ブラッシングはお湯で濡らす前に行う。
間違えずにやってみると、お湯で濡らした時の内側までの濡れ方が全然違う!
騙されたと思ってやってみてください。

お湯の温度とすすぎの時間

私は熱いお湯で髪の毛を洗うのが好きです。
特に寒い季節は熱いお湯にしがちですが、これが実はダメなんだそうです。
あるサイトには38度くらいのぬるま湯で洗うといいと書かれていました。
熱いお湯は頭皮の皮脂をとりすぎてしまうので、潤わそうとして皮脂が余分に分泌されてしまってべたついたり、また、その皮脂が汚れの原因となり、フケなどになってしまうそうです。
髪の毛を濡らす時だけでなく、すすぎもぬるま湯を使いましょう。
すすぎもしっかりしないといけませんが、とくにコンディショナーは髪のぬるぬるした感じがとれても、残っている可能性があるそうです。
あるサイトには3~5分間はしっかりすすぐようにと書いてありました。
水がもったいない!と子供に注意していましたが、実のところ子供の方が正しいすすぎをしていたんですね。
ぬるめのお湯を使って頭を洗ったあとは、暖かいお湯に入るようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る